趣味漬けの日々

会社の先輩にオススメされるがままなんとなくブログを始める事に。完全に雑記です。

【NDロードスター】ドアミラーカバーを交換‼︎〜取り付け編〜

おはこんばんちは。

 

前回に引き続き、ドアミラーカバーについてです。

 

【NDロードスター】ドアミラーカバーを交換‼︎〜検討編〜 - 趣味漬けの日々←前回記事参照

 

そういえば、もう散々あまり考えずに"ドアミラーカバー"って表現してましたがもしかしたら"ドアミラーハウジング"が正しいのかもしれません。

 

まぁ・・・マツダのディーラーマンにドアミラーカバーで通じたので僕はそのままドアミラーカバーと表現する事にします。(笑)

 

それでは本題へ・・・今回は取り付け編になります。

 

さあバラすぞ‼︎

 

f:id:zombiEVO:20170607002525j:image

Beforeです。NDオーナーさんにはおなじみのグロスブラックですね。

 

当然ですが、まずはバラさないと始まりません。

 

バラす下準備として、左右共に鏡面を目一杯内向き&下向きにします。

 

f:id:zombiEVO:20170607003014j:image

こんな感じになると思います。

 

で、出来た隙間に内装剥がし等傷の付きにくい工具を突っ込みます。

 

あ、そうそう、僕は面倒で端折りましたが取り外す前に養生テープ等で外れたミラーが落ちない様に養生しておく事をオススメします。

 

そして手前にグイッと力を入れると、バキィ‼︎という音と共にミラーが外れます。

 

f:id:zombiEVO:20170607003817j:image

思ってたより固かったです。

 

ここは思い切りが大事です。(笑)

 

ミラーを外すと、どうやって電動で鏡面の角度を変えているのか良く分かります。

 

f:id:zombiEVO:20170607004125j:image

思いっきり白飛びしててすみません・・・

 

真ん中の大きめの黒い球体を中心として、白いピストン二個がそれぞれ前後する事により鏡面を動かしているようです。

 

ここまでの作業で終わり・・・ではありません。これからが本番です。

 

ミラーが外れたら、中を覗いてみるとドアミラーカバーを固定しているツメが見えると思います。

 

 ツメをそれぞれ工具でグイグイ弄っていると、ドアミラーカバーと無塗装の樹脂部品の間に少し隙間が開いてきます。

 

で、また工具でグイッと・・・擬音が多いのは許して下さい。

 

ゾンビはそういう人なんです。

 

順調に作業が進めば、そのままドアミラーカバーが外れて・・・外れて・・・

 

ポロン‼︎・・・カシャン‼︎‼︎

 

Σ(゚д゚lll)

 

ハイ、アスファルト上に落としました。

 

ですので、ミラーの取り外しの時にも書きましたが適当なテープ等で取れた時に落ちないよう養生する事をオススメします。本当に。(苦笑)

 

f:id:zombiEVO:20170608234644j:image

フチの部分だからまだ良かったものの、傷が付いちゃいました・・・

 

ちょいちょい左右が入れ替わってますが、気にしないでください。ほぼ同じなので・・・

 

後は嵌め込むだけです‼︎

 

ここまできたら、後は逆順に部品を嵌め込むだけです。

 

f:id:zombiEVO:20170608235100j:image

メテオグレーマイカのドアミラーカバーが遂に着きました‼︎

 

ドアミラーカバーそのものは、結構簡単に嵌まるのですが・・・

ミラーが・・・

 

とっっっても固いのです。

 

僕の場合は、まず真ん中の球体だけ嵌まってしまい・・・

 

ユルユルの手動ミラーの完成!ヽ(;▽;)ノ

 

嘘嘘、ちゃんと直します。

 

さっき書いた通り、白いピストンが二つとも嵌まってくれなかったワケですが、嵌めない訳にも行かないので力づくで嵌め込みました。

 

ギギギギっと鈍い嫌な音を立て沈んでゆくピストン×2。

 

音だけで泣きそうになりましたよ、えぇ。(笑)

 

トラブルもありましたが、なんとか完成。

 

f:id:zombiEVO:20170609000252j:image

モチロン右側も作業しましたよ〜。洗車したばっかりなのでエボもしっかり映り込んでいます。

 

交換が終了してから、全然別件でいつものディーラーに行く機会がありましたが、ディーラーマンより

 

「純正の黒より自然だねぇ〜!」

 

とのお褒めの言葉を頂きました。

 

そう思うなら最初からボディー同色のオプション用意しといてよ・・・

 

と思わず口に出そうになりましたが、心の中で呟くに留めておいたゾンビでした。

 

今日はこの辺で。

 

ではでは。